『個人ブロガーこそ fanp は利用しやすい。』gori.meを運用する株式会社ゴリミー様事例紹介インタビュー

  • 2017.08.19
  • fanp 導入事例

個人ブロガーとして fanp の導入を決めた、gori.me を運営する株式会社ゴリミーの g.O.R.i さんこと草刈様。個人ブロガーとして fanp をどのように活用しているのか。また、 fanp の導入を決めた理由とは。

待ちわびていたサービスがやっと来た。

ーまずは、fanpの導入経緯についてお聞かせください。

もともとLINE@というサービスを使っていました。

1対1のコミュニケーションが取れるということで、LINE@のサービスが開始されてすぐに利用し始めましたが、思ったようにはいきませんでした。

当時、まだLINEの公式アカウントがそれほど多く存在していない時代で、ユーザーもまだLINEで友人以外からコンテンツが届くことに慣れていなかったかもしれませんが、配信しても期待していたような反応が得られず、徐々にブロックも増え、モチベーションに繋がらずそのまま放置してしまい、最終的には利用しなくなりました。

もちろん、個人に直接リーチできる点は魅力を感じていましたが、実名ではないユーザーも多く、相手がどのような人であるかも分からず、思うようにコミュニケーションを取ることができませんでした。

他にも個別配信できる仕組みとしてはプッシュ通知サービスを使っていますが、結局はそのプッシュ通知を受信するためにアプリを入れて頂かなければならず、あまり効果を感じていません。

RSSをもとに自動配信しているため運用工数がないといった点では便利ですが、実際にユーザーに使われているのか使われていないのか正直分かりません。

他にも、gori.meをアプリ化する話もあったのですが、開発コストや、運用コスト等を考えると現実的でないなと思い、辞めました。

思い悩んでいた時に、『Tech Crunch』と『The Bridge』、そして『UNLEASH』にドンドンドーンと  fanp というサービスに関する記事が公開され、「おおー!なるほどー!ついに待ちわびていたサービスが出てきたー!」と思って即登録しました。こんなうまい話、あります?(笑)

ーユーザーをどのようにして集めましたか。

fanpのプラグインが主な流入チャネルだと思います。ただ、単にプラグインを入れるだけではなく、そのプラグインを押してもらいやすいよう工夫してます。

例えばスマホ版では、fanp のプラグインを入れると右下にメッセンジャーマークが表示されるので、サイトのデザインに馴染むように反対側の左下にはゴリミーアイコンを設置しました。

また、チャットマガジンを配信するたびに、Twitter で告知をしてます。

普段は決まって21時30分前後に配信するように心掛けています、その時間は Twitter のアクティブも多い時間帯なので「配信しました!登録はコチラ!」という風に Twitter で告知をしています。

 

プッシュだけのサービスは意味がない

ー fanp を使ってみてどうでしたか。

アクティブ率、アクション率、そしてどれだけの人にリーチしてるのかが分かるから良いですね。こういう配信をしたら跳ねるとか、逆にこういう配信すると跳ねないということが数値で分かるので運用の参考になります

また、実際に自分で試行錯誤しながら運用できるので、楽しくて毎日使っています。どれくらいの人たちが、どういう人たちが、どこから見てるのか、どれだけ見られてるのかが分かるからこそ、このような運用ができるのだと思います。配信してもユーザーの反応が分からないようなサービスは意味がないと思います。

Facebook Messenger のユーザーはビジネスパーソンが多いため、gori.me とユーザーとの相性も非常に良いと感じてます。LINE はプライベート感があるので、業務中に開いてると後ろめたい気持ちがあるじゃないですか(笑)

不思議なことに、Facebook Messenger にはそのような後ろめたさは少ない気がするので開いてもらいやすいと思いますし、 LINE より相性が良いという実感はあります。

また、 Facebook Messenger のプラットフォーム上に乗っかっているので、新しいアプリをインストールさせる必要性がないのも非常に魅力的ですね。今までは、何かに登録させるには高いハードルがあったのに、この fanp は登録のハードルが高くない。ウェルカムメッセージと言われる最初の質問を答えてもらえれば登録が完了する。しかもそのウェルカムメッセージさえも質問に対しタップで答えるだけなので、離脱が少なく定着率が高いと感じてます。

 

ー運用の体制はどのようにされていますか。

サイトの運用も1人なので、当然fanpも僕1人で運用してます。実際にかかってる時間は毎日10〜15分くらいです。

配信の時間帯は午後9時30分前後で配信してますね。テレビに熱中してしまい、配信遅れたりしますが(笑)

 

ーチャットマガジンを配信する上で気をつけていることはありますか。

人間味を出すようにしています。

チャットマガジンは毎日届くのが楽しみな存在であってほしい、と思っています。毎日、淡々と記事と定型文のメッセージが送られてきても、つまらないじゃないですか。

もちろん、そういうチャットマガジンもあっては良いと思うのですが、すべてのサービスの奥には人間がいるということを「見せる」ことが大事だと思っていて、それこそ gori.me の奥には僕がいて、その僕がテンション高めにお伝えしてます!(笑)ということが伝わることが重要だと思ってます。

あとは、スマホ上で記事が届いた時に通知がどのように見えるかを気にしていて、それを見て開こうと思えるような配信の内容、テキストを組むことを意識しています。

内容はどうであれ、明日も見ようかなと思っていただけることが大事だと思っています。

 

ユーザーに慣れてもらい、1対1のコミュニケーションを

ー今後どのように fanp を活用していきたいですか。

ユーザーにもっと「チャットボット」という仕組みに慣れてもらいたいですね!

ベーシックプランだと、ボットをもう1つ作れるので「(仮)ゴリミープライベートボット」を作って、コメント機能やトーク機能など新しい機能を使ってユーザーに慣れてもらいたいです。

まだまだ、チャットボットそのものがユーザーに理解されていないと思うので、ユーザーともっと1対1のコミュニケーションを取っていきたいですね。

 

ーこれから fanp を始める方にアドバイスをお願いします。

Facebook Messenger なので LINE とは違うという感覚は持って運用した方が良いと思います。

あとは、ある程度運用が必要だという前提で使い始めた方が良いですね。放置してできるわけがないですし、自分で運用する方がより、楽しめます。

毎日配信はしなくても、継続してできるような自分なりのルールを作って運用していくことをおすすめします。

株式会社ゴリミー

gori.me Messenger マガジン